キッチンのリフォーム あれこれ

キッチンのリフォーム あれこれ

リフォームの基礎知識

目次

理想のキッチンを実現するために最初に行うべきことは、「リフォームで実現したいこと」をご自身の中で整理することです。 リフォームする際は、まず現状の不満を確認しましょう。 そして、新しいキッチンはどういったものにするかをイメージすることが大切です。

キッチンの不満点を洗い出す

キッチンリフォームの最初の手順は、「今のキッチンの何が不満なのか」を書き出すことが大切です。 「手元が暗い」「家族でのコミュニケーションがとりにくい」「ニオイがこもる」など、使っているキッチンに対する不満はご家庭によって違いがあるでしょう。 家族で話し合って不便なことを具体的に書き出すことで、何が大切なポイントなのかを客観的に判断することができます。 また、このときにだいたいの予算も決めておきましょう。 キッチンリフォームは、お金の上限を決めておかないと、予算をはるかに超えた良いものや高いものが欲しくなるケースも多いです。 「100万円まで」などと具体的に決めることにより、リフォーム内容もより具体的に決めることができるでしょう。

キッチンのイメージを膨らませる

キッチンへの不満点を洗い出せた後は、本やインターネットを利用して理想のキッチンのイメージを家族で共有しましょう。 施工事例などを参考にして、どのようなキッチンの種類や間取りがあるのかイメージを膨らませていくことがおすすめです。

キッチンの間取りを決める

次にキッチンの間取りを決めます。 これは大規模なリフォームを行うときに、特に重要です。 今のI型キッチンから、Ⅱ型キッチン、L型キッチンなど、今のお部屋や生活スタイルにあったキッチンはどれが良いかを考えます。 デザインで選ぶのも良いですが、重要なのは現状の不満点が改善され、ご家庭に合う間取りを決めることです。

必要な設備を決める

そして、「必要な設備」を決めましょう。 今使っているガスコンロからIHにするのか、食洗機を導入するかなど、キッチンにおける設備は多々あります。 しかし、すべて買いなおしてしまうとけっこうな金額になってしまうので、買い替えたい設備や、取り付けたい機能を厳選したうえで、じっくり検討しましょう。 キッチンのリフォームは中身によって相場よりも高くなる場合があります。 どのような場合に高くなるのかご説明いたします。

キッチンの移動を伴うリフォーム

分かりやすい例としては壁側に設置していたキッチンを、対面型のキッチンにリフォームするような場合です。 排水管や排気用ダクト、電気配線等の工事が追加で必要となり、費用は上がってしまいます。 マンションの場合は排水管やダクトを動かすのに制限があるので特に注意が必要です。

キッチン回りの傷みがリフォーム後にわかる場合

キッチン交換

リフォームは始めてみなければ追加工事が必要かどうかわからない箇所があります。 実際に古いキッチンを取り外してみたら、壁や床板が傷んでいて修理が必要というのはよくあるケースです。 見積もりの時点では分からない内容だけに、追加費用が掛かってしまいます。 予算ぎりぎりでリフォームをすると、追加費用が払えないという事態にもなりかねませんので、余裕を持った資金計画が大切です。

一回り小さいキッチンに交換する場合

キッチンを交換する際に一回り小さなものにすると、床や壁紙に隙間が出来てしまいます。 一見すると同じ大きさの場合でも、奥行きが小さくなる場合もあり、床に隙間が出来てしまいます。 このような場合は壁や床も合わせて張替えが必要になるため、その分費用はかさんできます。

リフォーム後の失敗例

キッチンリフォームを行うことにより、使い勝手が良くなり、その結果調理時間が減少するなど、うれしいことがたくさんあるでしょう。 しかし、いざキッチンリフォームをしてみたら、予想外に失敗してしまったというケースもあります。 そのような失敗例を紹介していきましょう。

レイアウトの失敗

モデルルームなどにあるアイランドキッチンは、とてもスタイリッシュで料理もしやすいです。 しかし、「常に周囲からキッチンが丸見え」といったデメリットもあります。 たとえば、食器洗いはまとめて夜にやるという人がアイランド型を導入したところ、朝から積み重なった洗い物を訪れてくるお客さんにいつも見られてしまうということがあります。 まとめて家事を行う人にとっては、手元が隠れるようにするなどの工夫が必要になります。

「イメージとは違った」という失敗

壁付けキッチンから対面キッチンにリフォームしたところ、「前よりも狭くなった」という意見があります。 壁付けキッチンは有効的にスペースを使えるため、それ以外のスタイルに変更すると狭く感じる方もおられます。 間取りを変更しないリフォームでは、決まった面積に新しいキッチンを作り直すため、レイアウトを変更すると、圧迫感を感じてしまうことがあります。 この他にも、「窓からの光が入らず暗くなった」「システムキッチンだけ新しくしたら、そこだけ妙にキレイで浮いてしまった」などの失敗例があります。 こうした失敗例は、いずれもリフォームを行う前に、念入りに検討することで回避することができます。 まずは、既存のキッチンの欠点を改善できるよう、具体的にどのようなキッチンにすべきか書き出すことから始めましょう。

キッチンリフォームの満足度の7割は自分に合ったリフォーム会社を選べるかで決まるとも言われています。 まずはご自身でキッチンリフォームの要望を整理して、その後自分に合ったリフォーム会社を探すようにするとよいでしょう。 自分に合ったリフォーム会社に出会えれば色々と相談しながらリフォームを進めることができるようになります。 そうすると手間もかからず、満足のいくリフォームの実現につながります。 ここでご説明したことをぜひ実践してみてください。

#