ポラスのオールリフォーム

知っておくと役に立つ最近のリフォーム事情をよく知る連載コラム

Vol.552019.2.20

NEW

消費税増税
リフォームのタイミングを再確認!

増税スケジュールをおさらいしよう

増税スケジュールをおさらいしよう

 リフォームを予定している方は、今年(2019年)10月の消費税増税が気になっているのではないでしょうか。そこで、増税前までのリフォーム工事のスケジュールを確認してみましょう。

 ・「請負契約」が2019年3月31日までに成立していれば、引き渡しが2019年10月1日以降になっても、消費税は8%のまま
 ・「請負契約」が2019年4月1日以降の場合、「引き渡し」が2019年9月30日までに完了すれば、消費税は8%のまま

 まずは請負契約を2019年3月31日までに成立することを目指して進めるのが無難だといえます。そして、どうしても間に合わなかった場合は、2019年9月30日までの引き渡しを目指す、と考えておくとよいようです。

    

工期の長い大型リフォームはギリギリのスケジュールを避けて

工期の長い大型リフォームはギリギリのスケジュールを避けて

 ただ、フルリフォームなどの大型リフォームは工期が長いため、9月30日までの引渡しを今から目指すのは、少し難しい状況です。その理由として、以下のことが考えられます。

 ・短期間に依頼が集中し、現地調査や見積作成に時間がかかる
 ・短期間に工事が集中し、建築資材の不足、搬入の遅れ、職人の不足から着工や完成に時間がかかる

 その対策としては、以下のことが考えられます。

 ・予定を前倒しする(完成の期限を早める)
 ・始動を前倒しする(打ち合わせ、相談を早く始める)
 ・相見積もりの会社を減らす(3社→2社など、信頼できる会社に絞る)
 ・工事規模を縮小する(必要な工事だけに絞る)

動くなら今!積極的にリフォーム会社に連絡を

動くなら今!積極的にリフォーム会社に連絡を

 最初のチェックポイントである3月31日まであと1ヶ月(2019年2月時点)を切ろうとしている今、すぐにでも動き出すことが増税前までにリフォーム工事を間に合わせるポイント。具体的な相談になるので、メールや電話での問い合わせよりも、店舗やショールームに出かけることがベストです。来場予約が可能なリフォーム会社も多くなっており、予約をすることで時間が効率よく使える上、ていねいな対応も期待できます。相談会などのイベントは、開催日や開催場所が限られているので、お近くでの開催はお見逃しのないように注意が必要です。
 リフォーム内容の相談も大事ですが、この時期(タイミング)では以下のことを相談するとよいでしょう。

 ・希望のリフォーム内容が増税前に間に合うか?
 ・増税前に間に合うリフォーム内容は何か?
 ・増税前に間に合わせるには契約までの打ち合わせや、着工・完了までのスケジュールをどうすればよいか?

以上の相談結果からリフォーム内容の再検討や、ご自身たちのスケジュールを確認するとよいでしょう。

 リフォームではカーテンや家具などの買い替えも発生します。それらの購入を増税前にすませられるタイミングで進めることも、影響を抑えることにつながります。早めの行動で機を逃さず、納得のいくリフォームで新しい暮らしを手に入れましょう。

バックナンバー

2019閉じる

2017閉じる

2016閉じる

2015閉じる

2014閉じる