ポラスのオールリフォーム

知っておくと役に立つ最近のリフォーム事情をよく知る連載コラム

Vol.602020.3.16

NEW

年金暮らしでも手持ち資金を減らさず
リフォームできる「リ・バース60」って?

ライフスタイルが変化するシニアは住まいを見直すリフォームの適期

 人生100年といわれる時代、リタイア後の長い歳月を快適に、安心して暮らしたいとは誰もが望むことでしょう。しかし、定年を迎える頃になると、子育て期に購入した住まいは老朽化が目立ち、住みにくさが気になってくるケースが多いのではないでしょうか。また、体力の低下とともに階段の上り下りが億劫になった、健康に問題が生じてトイレや廊下の寒さが危険に感じられる、将来の不安から冷暖房の費用を抑えたい…などたくさんの問題が、古い家には生じてきます。子どもが独立して夫婦のために生活環境を整え直す時期とも重なり、50代から60代はリフォームに適したタイミングといえます。
 しかし、老後の生活資金の確保は多くの人にとって大きな不安材料となっています。コツコツ貯めた預金や退職金には、できるだけ手をつけたくないと思うのが自然なこと。とはいえこれから高齢となるシニア世代にとって、住宅ローンを組むことには二の足を踏んでしまいます。

    

月々の支払いは利息のみ。負担感の軽いシニア向け住宅ローン

 そこでご紹介したいのが「リ・バース60」というリバースモーゲージ型住宅ローンで、満60歳以上の人が利用できます(満50歳以上満60歳未満の人が利用できる「リ・バース50」もあり。ただし融資額が異なる)。借り主が居住している住宅及び土地を担保とし、住宅金融支援機構と提携した金融機関が貸し出す住宅ローン。住宅の購入や建設など5つの目的のために利用することができ、住宅リフォームもその中のひとつとなっています。
 リ・バース60が一般的な住宅ローンと違う点は、毎月支払うのは利息分のみだということ。元金は借り手が亡くなったときに担保物件の売却により返済されます。つまり、手元の資金を減らさずにお金を借りられるということです。担保物件の売却代金では足りずに債務が残った場合の返済方法としては、ふた通りの選択肢が用意されています。
 ひとつは、相続人となった人が一括して返済する「リコース型」。もうひとつは「ノンリコース型」で、リコース型より高い金利を毎月支払うことで相続人に返済の義務が生じないというもの。相続人に迷惑をかけたくないという理由から、ノンリコース型を選択する人が多いそうです。逆に、売却代金で元金を支払っても余った場合は、余剰金を相続人が受け取ることができます。自分が亡くなったあとの住まいと土地を、親族が引き継ぐ予定がなさそうだという場合に有効といえます。

金融機関がノーリスクだから幅広い貸出が可能に

 なぜこのようなローンが可能になるかというと、担保とする不動産の価値が下がってしまった場合に住宅金融支援機構が補填する融資保険があるから。金融機関がその保険に入ることでリスクを負わずに貸し出すことができ、価値の高い都市部などの不動産に限らない、幅広い貸し出しが可能になっています。融資額は1500万円を上限として、担保物件の評価額の50%または60%(長期優良住宅の場合55%または65%、満50歳以上60歳未満は30%)。例えば担保物件の評価額が2000万円であれば1000万円から1200万円の融資が可能になり、フルリフォームも夢ではなくなります。
 リ・バース60が実際に使われたケースを、住宅金融支援機構が発表している資料からひとつご紹介します。戸建住宅のリフォームを行なった70代と80代の夫婦で、年収は300万円。担保評価額は1500万円で融資限度額はその50%の750万円との評価を受け、リフォームに必要な400万円を借り入れることができました。金利が年2.7%だったので、月々支払う利息分は9千円。手持ちの資金を一切使わずリフォームが可能になりました。

まんべんなくブラッシュアップできる定価制フルリフォームという選択肢も

 リ・バース60を利用すればフルリフォームも夢ではないかも?と思われた方には、ポラスの定価制のフルリフォーム「再新の家」が参考になるかもしれません。決められた坪単価の中で外装の塗装から設備の交換、耐震補強も含めたフルリフォームが行え、安全で快適な家に生まれ変わります。また、50〜60代の方が行なったフルリフォームの実例も豊富に紹介されているので、欲しいイメージを探るためのきっかけにすることができます。返済に不安のない住宅ローンを活用し、諦めていたフルリフォームを実現して、安心・快適な毎日を手に入れてください。

【リ・バース60】の詳しい概要に関するお問合せは、住宅金融支援機構の専用コールセンター(無料)にお問い合わせください。
0120-9572-60(営業時間9時~17時、土日・祝日・年末年始は休業)
お申込みの条件や商品の詳細などにつきましては、金融機関ごとに異なりますので、取扱金融機関にお問合せください

定価制フルリフォーム
▲定価制フルリフォーム

大人のフルリフォーム実例
▲大人のフルリフォーム実例

リ・バース60
▲リ・バース60

バックナンバー

2020閉じる

2019閉じる

2018閉じる

2017閉じる

2016閉じる

2015閉じる

2014閉じる