知っておくと役に立つ最近のリフォーム事情をよく知る連載コラム

Vol.14
設備交換だけじゃない。夢を叶えるキッチンリフォーム

毎日使うキッチンの不満を解消したい!

 リフォーム要望の高い水廻り。なかでもキッチンは、設備の老朽化をきっかけにリフォームしたくなる場所ですが、設備やデザイン、収納も――など要望が募る分、コストやリフォームプランに不安を感じ、なかなか踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

 また、キッチンには設備性能の向上だけではクリアにならない問題が潜んでいることも。築年数の古い家によく見られる、北側にレイアウトされた個室タイプのクローズドキッチンには、家族とのコミュニケーションが取りにくいなど、間取り自体に不満を感じている人も少なくないようです。

 リフォームの意義は、そうした現状への具体的な不満や要望を盛り込めること。取り組み次第で、最初の住宅取得の段階では実現できなかったキッチンへの夢を叶えることができるのです。 


キッチンリフォームで叶えたいことは何ですか?

 キッチンリフォームというと、設備の入れ替えをイメージする人が多いかもしれません。たしかに、先進のシステムキッチンは憧れの的。機能美を追求したシンクや水栓、カウンターのデザイン、掃除がしやすいIHクッキングヒーターなど、多彩なスペックに目移りしてしまいます。

 一方で、設備投資に偏り過ぎると、キッチン全体の快適性を高める空間リフォームに手がまわらなくなることに。設備を入れ替えても、暗くて孤独なキッチンであることに変わりがなければ、満足度は低下してしまいます。何のためにリフォームしたいのか、まわりの空間も含めてどんなキッチンがほしいのか、整理してからリフォームに臨む必要がありそうです。


設備交換だけじゃない。キッチン空間のリフレッシュ術

 壁で仕切られた独立型のクローズドキッチンなら、希望のシステムキッチンに交換するだけでも済むかもしれません。しかし、大抵は壁やキッチンパネルの傷みも気になるもの。そんなときは、思い切ってキッチン全体をリフレッシュしてみては。

 たとえば、システムキッチンのデザインに合わせて壁紙やキッチンパネルをコーディネート。システム収納を揃えるほか、壁面収納を造作するなど、限られた空間を有効活用するアイデアで使い勝手がよくなります。コストと手間のことを考えても、後から別途内装工事をするよりずっと効率的です。


家族のコミュニケーションを促す空間リフォーム

 そして、改めて注目したいのがキッチンのコミュニケーション機能です。家事をしながら家族の様子を伺えたり、家族皆で料理を楽しんだり。食を中心とした暮らしを叶えるキッチンは空間リフォームで実現できます。

 既存キッチンの吊り戸棚や間仕切り壁などを撤去して、リビング・ダイニングとひと続きの大空間に仕立てなおすのも一案です。LDKを一体的にリフォームするので、白を基調としたシンプルモダン系や家具調の木質系など、オープンキッチンを中心に空間全体のデザインを統一できるのも魅力。キッチンカウンターと馴染みのよいスタディーカウンターをダイニング脇に新設するなど、キッチンリフォームをきっかけに、ほしかった家族の空間をつくり上げることができます。


キッチンリフォームをきっかけに住まいの夢を叶える

 立地条件などを優先して建売住宅を購入した、あるいは新築時に予算の都合で希望を実現できなかったなど、大きな出費となる住宅取得にはさまざまな事情がつきものです。だからこそ、リフォームは再びの家づくりとして、住まいへのこだわりを反映できる絶好の機会となるのです。

 とくに、使用頻度の高いキッチンをはじめとする水廻りや、家族が集まるリビング・ダイニングに不満があると、自然とリフォームへの欲求も高まるもの。工期が短く手軽な設備の入れ替えだけで済ませる方法もありますが、せっかくリフォームするのなら、ライフスタイルの変化に対応した家を叶えたいところです。

 建物の構造やリフォーム予算によっては、日当たりがあまり良くないダイニング・キッチンの上部にトップライトや吹き抜けをつくることができるかもしれません。あるいは2階LDKに変更するなど、思い切った改修も不可能ではないのが空間リフォームの醍醐味です。

 そうした、キッチンを起点とする空間リフォームには、住宅設備の販売をメインに扱うリフォーム会社よりも、家づくりに精通したハウスメーカーや工務店、一戸建ての改修を手がけるリフォーム会社を選ぶことをおすすめします。既存建物のチェックから設計提案、予算配分まで、トータルな視点でリフォームプランを作成できるパートナーを得ることは、理想のリフォームに近づく大前提です。

 気になる予算についても、ポラスのように定価制プランを用意し、実例のコストもオープンにしている 会社があるのでぜひチェックしてみては。リフォーム内容と予算の関係を知ることができ、理想の実現度を計る参考にもなりそうです。

(コラム執筆)住宅&インテリアマガジン『LiVES』ライター 畑野暁子


様々なイベントをご用意しています。

イベント一覧を見る

さらに詳しい資料をお届けします。

資料請求

来店・訪問・オンラインでの相談も可能です。

相談・見積り