知っておくと役に立つ最近のリフォーム事情をよく知る連載コラム

Vol.47
気軽に行ってお得に情報や特典がもらえるリフォーム会社のイベントをのぞいてみよう!

ネットでは得られない体験や情報が満載

自宅のリフォームを考え始めるとき、最初に何から手をつけたらいいでしょうか? 溜めておいたリフォーム会社の折込みチラシを見返したり、インターネットで検索たり……というところかと思います。インターネットにはさまざまな情報があふれていますから、ある程度の知識や各リフォーム会社の打ち出しているイメージはつかめるかもしれません。
 次の一歩をどうしようか、と悩んでいる人には、リフォーム会社が開催するイベントに足を運んでみることをおすすめします。予約不要のイベントは、リフォーム会社にいきなり連絡を取るよりはずっとハードルが低く、言葉は悪いですが「冷やかし」程度で気軽に参加できるのがいいところです。


モデルルームで「百聞は一見にしかず」を実践

 イベントにはいくつかのパターンがあります。ひとつはモデルルームの見学会。実際にリフォームされた住宅やマンションを見ることは、パソコンで写真を見るのとは情報量が違います。インターネットで仕入れた知識を、具体的に理解することができるでしょう。回数を重ねると記憶が薄れるので、メモを持参することをおすすめします。そして、その会社の強みが何なのかをその場にいる社員に積極的に質問し、記録しましょう。「いいな」「こんなふうにしたい」と思った場所の写真を撮ることも忘れずに。写真は、後々どの会社を選ぶにせよ、打合せの際の資料にもできます。水廻り設備や、壁や床の仕上げ材で気に入ったものがあれば、メーカーを確認しておくといいでしょう。間取りを考えるヒントも見つけられるはずです。


お祭り感覚のイベントなら家族で楽しめる

 リフォーム会社のショールームで行われるイベントもあります。ショールームは随時見学が可能ですが、イベント期間中は来場者への特典が用意されていることが多いので、見逃す手はありません。お祭りのように、子どもが楽しめるアクティビティのコーナーがあったり、ビンゴゲームや抽選会のような企画が用意されていたりもするので、休日に家族で訪れれば楽しい時間を過ごすことができます。ちょっとしたおみやげをもらえることもあるので、お得感があります。
 ショールームには、設備機器が展示されていることもあるので、キッチンなど最新機器の使い勝手をぜひ体験してみて。また、仕上げ材のサンプルを見ることで、どんな素材の選択肢があるのかがわかります。ショールーム内にその会社が得意とするインテリアが再現されている場合は、より具体的に部屋の雰囲気を感じることができるでしょう。また、多数のリフォーム事例を展示パネルやファイルなどで知ることもでき、ビフォー・アフターを比べながら説明を受けることでリフォームの可能性を知ることができます。


買い物ついでに立ち寄れるイベントもある

 上記のようなイベントは、ショッピングモールなどを会場にして行われるケースもあります。設備機器のお得な販売があるなら、要チェック。例えばポラスでは、「キッチンのお手入れ」や「住まいのメンテナンス」など、住まいにまつわる各種セミナーの開催も無料で行ってきました。これは、時間を割いて参加する価値があります。チャンスを逃さないように、まずはタイムテーブルをチェックしておきましょう。建築士などのプロによる相談コーナーでは、自分たちの望むリフォームがいくらくらいでできるのか、こんな間取りにしたいが可能か、など踏み込んだ相談をしてみるのにいい機会です。中古物件の購入から考えている人は、不動産購入からのワンストップサービスがあるかどうか、確認しましょう。金融機関による資金計画相談のブースが設けられている場合は、準備資金やローンについての具体的な知識を得ることができます。


最新のイベント情報はホームページをチェック

ポラスの感謝祭や相談会の情報は、毎月発信されています。イベントページはデザインも一新し、スマホでも見やすくなっているのでぜひチェックしてみて。気になるイベントを見つけたら、家族といっしょにレジャー感覚で、あるいはふらりときまぐれに訪れてみてはいかがでしょうか。


(コラム執筆)住宅&インテリアマガジン『LiVES』ライター 松川絵里


様々なイベントをご用意しています。

イベント一覧を見る

さらに詳しい資料をお届けします。

資料請求

来店・訪問・オンラインでの相談も可能です。

相談・見積り