• 無料お問い合わせ 資料請求・お見積もり
  • 0120-85-7272 10:00~18:00(土日祝OK)
  • ポラスの考えるリフォーム
  • リフォーム商品
  • おすすめリフォーム
  • リフォーム実例
  • 店舗案内
  • 企業情報

知っておくと役に立つ 最近のリフォーム事情をよく知る連載コラム

Vol.21 2015.11.26
いざというとき慌てないために。
知っておきたい「はじめての介護リフォーム」

あなたの家は在宅介護に適した環境ですか?

いざというとき慌てないために。知っておきたい「はじめての介護リフォーム」

現役世代の多くは、介護リフォームはまだ先の話だと思っているかもしれません。しかし、親の実家を考えてみるとどうでしょう。築30年を超えた住宅は段差が多く転倒の危険があるなど、介護しにくい状況なのではないでしょうか。

2015年8月に介護保険制度が改正※1され、訪問介護や看護で高齢者を支える流れが加速しています。今後、在宅介護が主流の時代になることを考えると、終の棲家の環境を整えることは必須といえそうです。

もちろん、介護リフォームには介護保険制度が適用でき、それに伴う必要な手続きもあります。実際には介護が必要になってから動くことが多く、体調の万全でない利用者にとっては負担になるケースも少なくありません。そうなると、利用者に代わり妻または夫、あるいは子供が諸々の手続きを行う場面も生じますから、家族が元気なうちから介護リフォームについて皆で情報を共有しておくと、いざという時もスムーズに行動できます。

そこで今回は、はじめての介護リフォームを本人はもちろん家族の視点でチェック。介護リフォームに関する疑問や質問に、福祉住環境コーディネーターでポラスグループ(株)住宅資材センターリフォーム部に所属する高橋良一さんが答えます。

※1「介護保険制度の改正の主な内容について」厚生労働省

その工事ちょっと待った!介護保険による改修工事には事前の申請や審査が必要です

いざというとき慌てないために。知っておきたい「はじめての介護リフォーム」

――介護リフォームと一般的なリフォームはなにが違うのですか?
高橋さん 介護リフォームの場合は介護保険から住宅改修費の一部が支給されます。しかし、工事を終えてから申請しても、やむを得ない場合を除いては基本的に通りません。事前の申請や必要書類の提出が必要となるので注意しましょう。

――何から始めたらいいですか?
高橋さん まずは介護保険の利用者が介護のどの段階にあるか認定を受けます。窓口は介護福祉課など、住んでいる市区町村の役所にある担当課です。認定調査を受けた後、要支援1~2から要介護1~5の7段階いずれかの認定を受けることになります。要支援なら居住エリアの地域包括支援センターを介して介護サービスを受け、要介護1以上はケアマネージャー(介護支援専門員)に介護サービス全般のプラン作成を依頼します。介護保険を適用する住宅改修については、申請や審査に必要な工事の理由書作成のほか、業者選びなども含めてケアマネージャーと一緒に進めていくので信頼関係がとても大切になります。

「介護サービス利用までの流れ」厚生労働省

支給額や利用者にあった工事内容を確認

いざというとき慌てないために。知っておきたい「はじめての介護リフォーム」

――支給額は要介護度によって変わりますか?
高橋さん 住宅改修費の支給額は一律20万円です。利用者はそのうちの1~2割負担となるので、支給基準限度額は18万円となります。利用者負担の割合は所得に応じて決まりますが、すでに認定を受けている人であれば、年に一度配布される「負担割合証」で確認することができます。また、バリアフリー改修として改修後1年分は固定資産税の減税措置が受けられるなど、税制面の優遇があるのでこちらも忘れずに申請しましょう。

――どのようなリフォームができますか?
高橋さん 介護リフォームで多いのは手すりの設置です。廊下やトイレまでの動線に固定の手すりをつけたり、玄関の上がり框の段差を解消するステップを設置したり、比較的簡易な工事であれば数万円でできます。手すりは家中に固定するわけではなく、居室ではベッドやソファのすぐ脇に配置できる置き型をレンタルするケースが多いですね。そうした介護福祉用具のレンタルにも介護保険を適用できるので、工事と組み合わせて利用するとコストも使い勝手も良くなります。

いざというとき慌てないために。知っておきたい「はじめての介護リフォーム」

――古いお風呂の深型浴槽は使い勝手が悪いのですが
高橋さん 浴室については、段差の解消など基本的な改修で間に合うこともあります。必要であればデイザービスの入浴サービスが利用できます。また、賃貸住宅でも公団などでは、水まわり設備のバリアフリー化を補助または無償で行うケースもあるようなので、賃貸だからと諦めずに確認することをおすすめします。

――支給額を超えた分の工事費はどうなりますか?
高橋さん 基本的には自己負担となりますが、市区町村など自治体によっては独自の補助制度を設けているところもあるので必ず確認を。床の段差を工事で解消する場合などは、工事範囲にもよりますが20万円を超えるケースも出てきます。庭や玄関外の段差なども転倒の原因になりますので、外構工事も視野に入れると工事費の幅は広くなっていきます。

――どこまで改修するべきですか?
高橋さん 利用者が介護のどの段階にあるのか、これから先どのような暮らしをしたいのかを見極めましょう。また、支給額は分けて使うことができるので20万円を一度の工事で使い切る必要はありません。はじめは簡易な工事にとどめて、介護度が上がった段階で残りの工事費を使用することもできます。覚えておきたいのは、要介護度が3段階上がった時点で再度20万円の支給が受けられること。要介護度の初期段階で進行性の持病があるなら、将来的に要介護度が上がることを想定して、はじめから予防的な視点で手厚い改修をしてもいいかもしれません。

いざというとき慌てないために。知っておきたい「はじめての介護リフォーム」

――具体的な改修プランをつくるのは難しそうですが
高橋さん 担当のケアマネージャーと理学療法士、または福祉住環境コーディネーターやリフォーム会社などが、利用者の状態と日常生活をチェックして必要な改修プランを作成します。大事なことは、転倒するなど自宅内での事故を回避する予防的な視点をもつこと。それには、手すりの設置ひとつでも動線や設置高さについて適切なアドバイスができる、介護の現場に精通したリフォーム会社を選ぶことが重要です。

――工事見積もりを見てもよく分からないのですが
高橋さん 自治体によっては工事見積もりを2社以上取り、より低い金額に対して工事費を支給するところもあります。しかし、1社だけの見積もりだと高いのか安いのか分かりませんよね。そんなときはケアマネージャーやリフォーム会社にどんどん聞いてください。介護保険を利用するためには、工事の大小を問わず事前申請や工事完了届けなど事務手続きも必須で、そのほとんどはリフォーム会社が代行するのが一般的。見積もり金額だけでなく、利用者の疑問に真摯に応える姿勢もチェックポイントになります。

リフォーム会社選びのポイント

いざというとき慌てないために。知っておきたい「はじめての介護リフォーム」

――リフォーム会社はどうやって選ぶ?
高橋さん 先にも述べましたが、介護の現場に詳しいリフォーム会社を選ぶこと。加えて、自治体の認定する登録会社が安心です。ホームページで登録会社名簿を公開している自治体もあります。登録のない会社の場合、利用者がはじめに工事費全額を支払い、その後に支給額が払い戻される「償還払い」の扱いになるなど、利用者にとって初期負担が大きくなることがあるので注意しましょう。ケアマネージャーは、基本的に登録業者の中から利用者の条件に合ったリフォーム会社を紹介してくれます。最近は、介護福祉用具のレンタルと販売を扱うリフォーム会社もあり、住環境を包括的にサポートする体制が整いつつあります。ポラスも介護ショップ「ハミングバード」を展開しており、改修工事とレンタル用具の最適な組み合わせを提案できるという強みがあります。

いざというとき慌てないために。知っておきたい「はじめての介護リフォーム」

――介護リフォーム以外の相談もできる?
高橋さん もちろんです。介護状態は一定ではありません。段階的な改修が必要になることは十分に考えられるので、先々の計画まで相談できるリフォーム会社が望ましいですね。もしかしたら、子世帯との二世帯リフォームも工事の選択肢に入ってくるかもしれません。その際にも、介護リフォーム箇所には保険を適用できるなど、さまざまなアドバイスを得られるはずです。手すりの設置や段差の解消はもちろん断熱リフォームにも実績があるなど、住まい全体をより良い状態に導ける知識と経験のあるリフォーム会社なら、将来にわたり頼れるパートナーとなるでしょう。

(コラム執筆)住宅&インテリアマガジン『LiVES』ライター 畑野暁子

バックナンバー

2020

▶ Vol.59 2020.2.13NEW
住まいのリフォームで気分一新! 春の新生活を快適にスタートさせよう
  • フルリフォーム
  • 水廻り
  • 外装

2019

▶ Vol.58 2019.12.16
50代、60代こそ考えたい将来安心のためのフルリフォーム
  • フルリフォーム
▶ Vol.57 2019.11.12
結露はこわい?!断熱リフォームで家も人も健康的に
  • 断熱
▶ Vol.56 2019.10.17
増税後のリフォームを応援!「次世代住宅ポイント制度」ってどんな工事でもらえるの?
  • マネー
▶ Vol.55 2019.1.28
マンションリフォームで暮らしを刷新! その前に知っておきたいこと
  • フルリフォーム

2018

▶ Vol.54 2018.12.20
冬本番前のあったかリフォームで快適・健康・省エネを手に入れよう
  • 断熱
▶ Vol.53 2018.11.30
いよいよ消費税増税が確定 リフォームするならタイミングを逃さずに!
  • マネー
▶ Vol.52 2018.10.31
リフォームの成否を分ける?! リフォーム会社選びのポイントとは
  • リフォーム
▶ Vol.51 2018.9.25
ペットは家族。愛情いっぱいの快適なペットライフをつくるリフォームとは?
  • リフォーム
▶ Vol.50 2018.8.10
増税で後悔しないために!リフォームのベストなタイミングとは?
  • マネー
▶ Vol.49 2018.7.31
国から最大300万円の補助金が!リフォームするなら交付のポイントを抑えてお得に
  • マネー
  • リフォーム
▶ Vol.48 2018.7.27
猛暑も快適で省エネ!断熱リフォームは夏にも効く
  • 断熱
▶ Vol.47 2018.6.20
気軽に行ってお得に情報や特典がもらえるリフォーム会社のイベントをのぞいてみよう!
  • イベント
▶ Vol.46 2018.6.6
新たなスタートの季節、リフォームで収納を再構築しよう。
  • リフォーム
▶ Vol.45 2018.3.16
リフォームで手に入れる「家事ラク」な暮らし
  • 家事らく
▶ Vol.44 2018.2.16
国が実証!!「あったかリフォーム」が健康をつくるという事実
  • 断熱
▶ Vol.43 2018.1.25
「間取り」ってどれくらい変えられるの?住みやすさと快適性をバージョンアップするリフォーム
  • 間取り
▶ Vol.42 2018.1.9
失敗しない外装リフォームのポイントとは?
  • 外装

2017

▶ Vol.41 2017.12.6
毎日にもっとワクワクできる50代からの「大人リフォーム」とは?
  • フルリフォーム
▶ Vol.40 2017.11.24
戸建て?マンション?それとも二世帯?実例からあなたに合ったリフォームのかたちを探してみよう
  • フルリフォーム
▶ Vol.39 2017.10.26
家族みんなで楽しめるリフォーム会社のイベントをチェックしよう!
  • リフォーム
  • イベント
▶ Vol.38 2017.10.19
補助金最大300万円!フルリフォームのチャンス到来です。
  • マネー
  • フルリフォーム
▶ Vol.37 2017.6.27
マンションフルリフォームで暮しに合った住まいを実現!「定価制」なら安心も満足も両得できます。
  • フルリフォーム
▶ Vol.36 2017.5.30
美観だけが目的じゃない。外装メンテナンスの本当の意味とは?
  • 外装
  • エコ
▶ Vol.35 2017.3.28
「リフォームor建て替え」に迷ったらチェックすべき4か条
  • フルリフォーム
▶ Vol.34 2017.3.3
人を招きたくなるリビングをリフォームで手に入れよう!
  • リビング
▶ Vol.33 2017.1.30
「住まいのカルテ(家歴書)」で住宅の資産価値を向上させよう!
  • 資産価値

2016

▶ Vol.32 2016.12.7
今すぐチェックしたいリフォームの3大お得情報!
  • マネー
  • エコ
▶ Vol.31 2016.11.1
災害に備える住まいのリフォームとは
  • 外装
  • 耐震
▶ Vol.30 2016.9.30
DIYをプラスして、より自分らしいリフォームを
  • DIY
▶ Vol.29 2016.8.23
断熱リフォームで実現する本当に快適な住まい
  • 断熱
▶ Vol.28 2016.7.25
水廻りリフォームの「みんなの疑問」と最新情報をチェック
  • 水廻り
▶ Vol.27 2016.6.28
「よくある困りごと」を回避して安心リフォームを手に入れる
  • トラブル
▶ Vol.26 2016.5.20
外壁や屋根のリフォームと住まいの耐震を考える
  • 耐震
  • 外装
▶ Vol.25 2016.5.9
セカンドライフを楽しむ50代からのリフォーム
  • フルリフォーム
▶ Vol.24 2016.3.25
今どきの省エネ&創エネシステムとエコリフォーム事情をチェック
  • エコ
▶ Vol.23 2016.2.26
『中古住宅×リフォーム』をひとつの窓口で叶えるメリットとは
  • フルリフォーム
▶ Vol.22 2016.1.21
リフォームこそ完成見学会や相談会を活用しよう
  • リフォーム

2015

▶ Vol.21 2015.11.26
いざというとき慌てないために。知っておきたい「はじめての介護リフォーム」
  • 介護
▶ Vol.20 2015.10.20
申請期限迫る!リフォームに補助金最大100万円!
  • マネー
  • フルリフォーム
▶ Vol.19 2015.09.16
まるで新築。外装『カバー工法』で住まいの印象がガラリと変わる
  • 外装
  • 断熱
  • 玄関
▶ Vol.18 2015.08.18
「フルリフォームvs建て替え」あなたはどっち?セカンドライフを楽しむための家づくり。
  • フルリフォーム
▶ Vol.17 2015.07.15
その暑さ、断熱リフォームで一気に解決!
  • 断熱
▶ Vol.16 2015.05.20
住宅ローンの借り換えは、リフォーム資金獲得のチャンス
  • マネー
▶ Vol.15 2015.04.10
省エネ住宅ポイント制度でお得にエコリフォーム
  • マネー
  • エコ
▶ Vol.14 2015.03.13
設備交換だけじゃない。夢を叶えるキッチンリフォーム
  • 水廻り
▶ Vol.13 2015.02.05
住み心地も省エネ性能も高める“減築”という選択
  • フルリフォーム
▶ Vol.12 2015.01.13
冬のあったかリフォームで、からだも住まいもほっこりと
  • 断熱

2014

▶ Vol.11 2014.12.10
「片づかない」を解消する“収納”の手順
  • 収納
  • 室内
▶ Vol.10 2014.10.22
フルリフォーム検討中の人に朗報。補助金最大200万円!
  • フルリフォーム
  • マネー
▶ Vol.09 2014.09.29
リフォーム候補の大本命。外壁のトレンドをチェック
  • 外装
▶ Vol.08 2014.08.01
水廻りリフォームで毎日を気持ちよく
  • 水廻り
▶ Vol.07 2014.07.03
暮らしが楽しくなる耐震リフォームとは
  • フルリフォーム
  • 耐震
▶ Vol.06 2014.05.29
親も子も満足できる二世帯住宅リフォーム
  • フルリフォーム
  • 二世帯
▶ Vol.05 2014.04.21
家の“顔”となる玄関をすっきりと美しく
  • 玄関
▶ Vol.04 2014.03.24
長期優良住宅化リフォームに注目!補助金の交付も
  • フルリフォーム
  • マネー
▶ Vol.03 2014.02.25
新生活が始まる春。リフォームで住まいも気分もリフレッシュ!
  • 水廻り
▶ Vol.022014.01.20
自然の力を住まいに生かすエコリフォーム
  • エコ

2013

▶ Vol.012013.12.27
リフォームの主流はエコ。補助金も活用して快適な住まいを叶えよう
  • エコ

このページのトップに戻る