• 無料お問い合わせ 資料請求・お見積もり
  • 0120-85-7272 10:00~18:00(土日祝OK)
  • ポラスの考えるリフォーム
  • リフォーム商品
  • おすすめリフォーム
  • リフォーム実例
  • 店舗案内
  • 企業情報

リフォーム商品一覧へ

介護リフォーム

住みなれた街、住みなれたお住まいで老後を過ごすためのお手伝い

介護リフォームは、介護される方の身体に合わせた寸法位置で設備や、進行性の病気であったりする場合の運動機能への配慮、住宅内で車いすや杖、歩行器、リフトなどを使用する場合の同時に使う福祉用具との兼ね合いなど、ケアマネージャー、福祉用具、施工会社の連帯が非常に重要です。
ポラスの介護リフォームは福祉用具専門相談員、福祉住環境コーディネーターの資格を持った住宅リフォーム営業経験者が対応しますので、先を見据えた質の高いプランを提供します。
また、市町村へ提出する申請書類の作成・提出をお手伝いもいたします。

介護保険を利用した介護リフォーム(住宅改修)とは

介護保険を利用して行える介護リフォーム(住宅改修)は
下記のものに定められています。

  • ・手すりの取り付け
  • ・段差の解消
  • ・滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料変更
  • ・引き戸等への扉の取り替え
  • ・洋式便器等への便器の取り替え
  • ・その他これらの各工事に付帯して必要となる工事

これらの工事を行った場合、自治体より費用の9割の支給を受けることができます。(1割は自己負担)利用限度額は20万円までで、原則1回限り利用できます。
(1回の改修で20万円を使い切らずに、数回に分けて使うこともできます)

ご本人の自立した生活のために、介護者の負担軽減のために

介護リフォームの目的は、第一は介護が必要なご本人が自立した生活を送ることができて、ご本人が尊厳を保てるようにすることになります。
しかし、介護は介護者であるご家族の負担も大きなものですから、介護者の心身を消耗させてしまいます。介護を受けるご本人が自立することで、介護者の負担が軽減されるということが第二の目的になります。
ご本人の「何でも家族にやってもらう」や、介護者の「自分が我慢すれば」という気持ちは捨て、積極的な介護リフォームの導入を行って、皆が幸せに暮らせるようにしてみませんか。

無料 介護リフォーム ご相談・お問い合わせはこちら

介護リフォームサービス紹介

サービス一覧

段差解消

玄関や廊下、浴室の出入り口のほか、屋外の玄関アプローチなどの段差を無くしたり、軽減したりして歩行しやすくする工事を致します。スロープにするだけではなく、式台を設けたり、浴槽の縁の高さを低くしたり、浴槽を浅いものに交換するなどの工事も対象になります。

想定工事費用

玄関式台設置 19,000円 + 消費税 ~
扉の交換・撤去

開き戸では身体の向きを変える動きで不安定になることがあります。また、幅が狭く車イスでは通りにくいこともあります。そこで、建具を引き戸にしたり、開き戸の吊り元を変更したり、開閉しやすいようにドアノブをレバー式に変更するなどの工事を行います。

想定工事費用

引き戸への変更 96,000円 + 消費税 ~
床材の変更

身体のバランスを取りにくくなった高齢者には滑りやすい床材は転倒につながり危険です。また、畳では車イスや移動リフトなどの走行が上手くできません。このような場合、床材の変更をします。安心して歩行できる、移動できる床はご本人の自立になるだけでなく、介護者の負担も軽減します。

想定工事費用

畳からフローリングへの変更 162,000円 + 消費税 ~
(6帖の場合)
手すりの取り付け

廊下や段差のあるところでの歩行を安定させたり、トイレや浴室などの立ち座り動作を安全に行うために手すりを壁や床に固定させます。介護リフォームでもっともご要望の多い工事ですが、ご本人様の身体の状況に合わせて細かな計画が必要ですので、内容は様ざまです。

想定工事費用

トイレへの手すり設置 29,000円 + 消費税 ~
和式便器から洋式便器への取替え

介護保険では和式便器から洋式便器などへの交換が対象になりますが、洋式便器でも立ち上がりしやすい高さへの変更、動作や介護を楽に行えるための便器の向きを交換する工事も改修費の支給対象となります。

想定工事費用

和式から洋式便器への変更 192,000円 + 消費税 ~

※表示の価格は税抜き表示となっています。引渡し時期により税率が異なりますのでスタッフにご確認ください。

介護リフォームの実例を見る

無料 介護リフォーム ご相談・お問い合わせはこちら

サービスフロー[ 介護保険を利用する場合 ]

1ケアマネージャーに相談
まず、担当のケアマネージャーに相談し、介護リフォーム(住宅改修)の必要性や目的をはっきりさせておきましょう。
2施工業者の選択・
見積り依頼
一般的にリフォーム会社で行えますが、より良い提案ができるのは在宅介護について詳しいところです。
 
3自治体の介護保険窓口へ
事前申請
工事の前に保険者である自治体への事前申請・承認が必要です。
ケアマネージャーと施工会社が書類の作成を致します。
 
4工事の実施・完了/支払
承認が下りたら着工します。工事完了後に工事代金をご請求しますので、一旦全額をお支払いいただきます。※
5払い戻し(工事完了)手続き
工事完了の書類を自治体に提出します。手続きの方法についてもご説明いたします。
6住宅改修費の支給
(費用の9割)
後日、自治体より費用の9割が銀行口座へ振り込まれます。
 
 

※お客様の一時的な経済的負担が軽減されるよう、お客様が施工業者に1割の自己負担分を支払い、自治体が直接施工業者に9割分の費用を支払う「受領委任払い制度」がある自治体もございます。詳しくは弊社にお問い合わせ下さい。

サービスフローをもっと見る

介護福祉用品のレンタル・販売

レンタル・販売用品紹介

ポラスでは、介護ショップ「ハミングバード」を展開しており、介護福祉用品のレンタルや販売も行っております。
住宅の改修工事(リフォーム)とレンタル用品等の組み合わせの提案なども行っておりますので、お気軽にご相談ください。

置き型手すり
段差解消のステップ
車いす
介護用ベッド
介護用ベッド
各種消耗品
介護用トイレ

介護ショップ「ハミングバード」店舗案内はこちら

リフォーム店舗のご案内
担当会社
株式会社 住宅資材センター

リフォーム商品一覧へ

このページのトップに戻る