水廻り・キッチン・床 部分リフォームの基本知識

水廻り・キッチン・床 部分リフォームの基本知識

リフォームの基礎知識

目次

大きな工事だけがリノベーションではなく全面改修するほどでもないけど、住まいを少し変えることでお家がずっと使いやすく、居心地がよくなります。 「設備がそろそろ交換時期…ついでに好みのインテリアにもしたい」 「まだ新しいけど、デザインや使い勝手がどうも気になる」 そんなご希望はありませんか? 築年数が経つと、お風呂・キッチン・トイレなど水まわりの劣化や老朽化が進んできます。 浴室のタイル床のヒビ割れや繋ぎ目のコーキング切れ、キッチンからの異臭などが目立ってきたら、水まわりのリフォームを考えましょう。 しかし、水まわりは設備機器の種類も多く、どのグレードの設備を選ぶかによってリフォーム費用に大きく差が出るので、費用についてはしっかりと確認するようにしましょう。 例えば、トイレの場合は最新型のタンクレストイレを設置すると、空間が広く使えます。 しかし、トイレの近くに洗面所がない場合、トイレ内に固有で手洗い場を作らなければならないため、費用がかさんでしまいます。 また、ユニットバスのリフォームの場合、ユニットバス本体の他、設備の撤去・取付工事や電気工事、給水給湯や排水管工事費用も含んだ費用になります。 事前にリフォームの予算や範囲を決めておき、リフォーム会社に相談をしながら設備機器を選ぶようにしましょう。 一般的に、水まわりのリフォームのタイミングは15~25年といわれています。 劣化の進行速度にもよりますが、タイル張りの在来工法の浴室の場合、築15~20年程度で土台や下地材が腐食していることがあります。 また、小さなひび割れでも放置しておくと水を吸い込み、内部で腐食が進むケースもあります。 これらに気づかずに水まわりのリフォーム時期を逃した結果、構造部まで腐食が進んでしまって補修費用がかさんでしまうこともあるので注意が必要です。

なお、水まわりのリフォームの時期の目安は、劣化によるものだけではありません。 築15年を過ぎる頃には、浴室内ではカビが目立つようになったり、キッチンでは汚れや不便さが気になったりし始めます。 設備は使えるものの、快適に使用できなくなったと感じた時はリフォームのタイミングになります。 床の張替えタイミングは約10年から15年程度です。 10年も経つと傷や汚れも目立ってきます。また、歩くときしみなど床鳴りがするようでしたら、床下地が傷んでいる可能性があります。 水回りの近くのフローリングはさらに痛みが早くなります。 床下は湿気が溜まりやすく、部材が傷んでいることがあります。 シロアリによって被害が起きている場合もあります。 このような場合には部材の取り換えも必要です。

また、和室では根太といわれる床の下地の間隔が広く作られている場合があります。フローリングを貼るには間隔を狭くする必要があるため、根太の調整も必要になります。 床下の痛み具合の判断は素人では難しいので、10年以上経っている場合や床鳴りがする場合は、まずは専門家に調査を依頼することが大切です。 部分的に張替えることは可能ですが、費用の面や施工の面で注意しなければならないことがあります。 フローリングはサネという突起の部分をもう一方の凹んだ溝に噛みあわせて、釘を使わずに固定して張っていきます。 フローリングを部分的に張替える場合はこの噛み合っているサネをカットする必要があります。 そうすると、互いのフローリングを噛み合わされていた部分が無くなる為にボンドで接着します。 これが数年経つと浮いてくる場合があるのです。 また、部分的に張替える場合に既存と全く同じ素材があるとは限りません。 もし、違う素材を使用して張替えた場合は踏み心地が変わってしまったり、色が変わってしまって、その部分が目立ってしまうことがあります。 床の部分リフォームを行なう場合は、このようなリスクがあるということも知っておいてください。

キッチン本体に破損等がなければ、部分リフォームを推奨しています。 リフォーム予算が60万以下の場合は、基本的に部分リフォームとなります。 新築時に良いグレードのシステムキッチンを設置した場合は、住設等以外は長期に使う方が経済的です。 デザインにはやり廃りはありますか、ワークトップ(天板)やキャビネット(収納)扉の品質は、ひと目でわかります。 また耐久性も高いです。 ただし、水栓の水漏れなどを放置していた場合は劣化が激しいため、全部リフォームを推奨します。

キッチン部分リフォームで抑えておくべきポイント ●リフォームにかかる費用は、既存のキッチンの種類によって異なる ●キッチンの機能性・デザイン性は、シンクの素材によって異なる ●シンクの形・深さ・位置は、実用性を考慮して決める これらのポイントを押えれば、失敗することなく満足のいくリフォームをすることができるでしょう。 フルリフォームまではしなくても、水廻りなどの部分リフォームで雰囲気が一新します。 キッチンやバスルーム設備だけは最新なものに変えたい、同居している親の為に廊下に手すりを付けたり、扉は引戸にするなど、ユニバーサル仕様にする事も可能です。

安心・オトク!リフォームフェア