vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい

  • 戸建てリフォーム
  • フルリフォーム
埼玉県築29年
このお客様の施工事例を見る
vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい

手間がかからず、暮らしていて本当に楽だと感じます!

築29年が経過し、床の傷みが気になっていましたし、床の改修はもちろん、夫婦二人が快適に暮らせる家にしたいと考えていました。

そんなときに目にした、ポラスさんの定価制商品『再新の家』に惹かれました。定価制なら安心ですし予算の目安にもなりました。また、ポラスさんは企業力もありますし、安心してお任せできました。

私たちの希望を取り入れ、できるだけ手間のかからない家を一生懸命実現してくれたスタッフさんたち。おかげで、暮らしていて本当に楽だと感じます。

REFORM DATA

リフォームの概要
  • 部位別
    フルリフォーム
  • 建物
    戸建てリフォーム
  • 築年数
    29年
  • 建物床面積
    75.34m2 (22.74坪)
  • リフォーム
    床面積
  • 工期
    約80日
リフォームの内訳
  • 総額
    10,050,000
  • 再新の家【戸建】 標準工事費 (23坪 × 20.55万円)
    4,730,000
  • OP 間取り変更、サッシ交換等
    4,080,000
  • OP 外部 (ベランダ防水、テラス屋根等)
    730,000
  • OP インテリア(エアコン)
    50,000
  • 諸経費
    460,000
リフォームの流れ
  • H24年 10月
    初回訪問 現地調査 建物診断 耐震診断 プランの提案 お見積の提案 ご契約
  • H25年 1月
    着工前立会い 工事着工
  • 4月
    竣工検査 お引渡し
リフォームスタッフ
  • リフォームアドバイザー
    浦 道高
  • 工事監督
    大川 和則

BEFORE / AFTER

BEFORE
  • vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい
  • vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい
  • vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい
  • vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい
  • vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい
  • vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい
BEFORE
リフォームの目的
老朽化の解消はもちろんのこと、障子や襖、畳替えなどメンテナンスに手間とコストのかかる和の空間を、メンテナンスの楽な洋室にすることが大きな目的でした。

また、フラットな床や段差の解消など、安全な暮らしのためのバリアフリー化も目的の一つでした。
AFTER
  • vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい
  • vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい
  • vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい
  • vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい
  • vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい
  • vol.15 和室から洋室へ、お手入れが楽な住まい
AFTER
リフォームのポイント
今回のリフォームは、障子や襖、畳替えなどの手間とコストがかからない「メンテナンス不要」の家がテーマでした。

そこで、和が中心だった空間を洋室化するため、1階DKに隣接していた和室の1つをDKと一体化。2階の和室も洋室化し、残る1階のもう一つの和室には、交換の必要がなく、日焼けにも強い畳を採用することで、日々のお掃除だけで快適さを保つことができます。

また、壁や床、外壁の化粧直しなどをはじめ、キッチン、浴槽、トイレなどの設備を刷新し老朽化の解消も行っています。

老後の安全な暮らしの実現のためにバリアフリー化も実施。LDKと隣接する和室とのフラット化をはじめ、室内からベランダへの段差の解消、芝生だった駐車場のコンクリート化、階段の踏みしろを増やし昇降しやすくするなど、室内外の安全な住環境を実現しています。

入口が狭かった洗面所は、将来、車椅子が必要となる場合を考慮し、車椅子で出入りできるように改善。浴槽は跨ぎやすいものに変更するなど、老後の生活を踏まえた配慮を行っています。

メンテナンスの手間とコストをかけることなく、快適に暮らせるお住まいを実現できました。

PLAN

STAFF VOICE

リフォームアドバイザー:浦

「できるだけ手間とコストのかからない住まいに」というI様ご夫妻のご要望を考慮し、和が中心だった空間を洋室化しました。LDKに隣接する和室には交換を必要としない畳を採用しています。メンテナンス費用がかからずに、末永く暮らしを楽しめる住まいを提供できたと思っています。

リフォームアドバイザー:浦

工事監督:大川

安全な暮らしを考え、バリアフリー化を実施しました。床のフラット化ををはじめ、階段は踏みしろを増やし昇降しやすくしています。入口が狭かった洗面所は、将来、車椅子が必要となった場合を考慮し、洗面所で車椅子が転回できるようにしています。また、耐震補強もおこない、安心して暮らせる住まいにできたと思います。

工事監督:大川

GWフェア