失敗から学ぶ!後悔しないリフォームのアイデア

失敗から学ぶ!後悔しないリフォームのアイデア

リフォームの基礎知識

目次

リフォームは新築と違って、既存の建物をベースに改装をしていく工事です。 残す所と直す所を分けることで新築よりも予算を抑えられるのが大きなメリットと言えるでしょう。 しかしリフォームにも注意すべき点があります。 「完成した住まいがイメージとかけ離れてしまった」 「資金計画がうまくいかず、リフォーム内容を縮小せざるを得なくなった」 今回は、経験者の失敗談を例にあげながら「後悔のないリフォーム」をおこなうためのポイントを説明していきます。

業者選び

リフォーム会社によって工事の内容や費用が大きく異なります。 リフォームは、人それぞれ求めるものが異なるので、すべての人に合う完璧なリフォーム会社というのは存在しません。 だからといって、どこに依頼しても同じということでもありません。 経験者の体験談をもとに、自分の重視するポイントを一緒に考えてくれる会社を見つけるためのポイントをまとめたので、見ていきましょう。

業者選びの失敗例

「センスが合わず、仕上がりに満足できなかった」 「デザイナーとセンスが合わなかった」 「説明が足りていなくて、追加工事に不安を感じた」 仕事に熱心に取り組んでくれる会社だったとしても、依頼者とのセンスや感性がずれていると、いくら説明しても考えが伝わらないことがあります。 もし、何度意見をすり合わせても合わないと感じるようであれば、担当変更を申し出ることもひとつの手です。 工事は始まっているけれど、やっぱり変更したい…と思うことはどうしても出てきてしまうものです。 リフォームは建物工事になるため、一部を変更したつもりが他の部分にも影響が出てしまうことも、やむを得ません。 トラブルを避けるためには、都度確認をおこなって相手に説明を求めることが大事です。 些細なことでも、素人にわかるよう丁寧に説明をおこなってくれる相手かどうか対応を見極めましょう。 他にも、作業が遅い、事前説明がない、など業者によって対応はさまざまです。トラブルを避けるためにも依頼主のことを考えてくれる業者を選びましょう。

リフォームの工事範囲をはっきり確認すること

意外に多いのが、「コレもやってもらえると思ったのに」 というリフォーム範囲での行き違いのトラブルです。 当然含まれていると思ったものが含まれていないということが無いように、見積りの説明は実際に工事する場所を見ながら受けることが大切です。

その際は、「ここからここまで」 というように 「指差し確認」 をしながら話を聞きましょう。「見積もりに入っている工事」 と 「入っていない工事」 をシッカリ確認でき、書類だけでは解らなかった事がたくさん見えてきます。 また工事中の追加変更は、費用の確認をしてから工事に着手してもらうようにしましょう。 形が大きく変わるようなリフォームの時は立体的に理解しておきましょう。 その際には、立面図か3Dの図を見せて貰うとわかりやすいでしょう。 そしてできるだけ実物に近いイメージを持つために、カタログや小さなサンプルだけで選ぶのではなく、大きなサンプルを借りたり、ショールームで実物を見るようにして下さい。 特にキッチンや家具は平面図だけではわかりにくいので、立面図や3Dでの図を見せてもらうようにすると立体的なイメージが掴みやすくなります。 範囲のトラブルを防ぐには、机の上だけでなく現場での確認が大切。 見積り書を貰ったら、担当者と一緒に現場で一項目ずつ指差しチェックしていきましょう。 意外な行き違いが見つかることもあります。 工事内容をしっかり把握しておけば、予定外の追加費用を減らすことにも繋がります。

契約書をかわす時には、工期と追加の確認を忘れずに

契約書をかわす際には、工期の設定欄の確認を忘れずに 契約書をかわす時には契約書だけでなく、約款にも必ず目を通して下さい。 保証や事故が起きた場合の解決方法など、大事なことが書かれています。

工期の設定も確認しておきましょう。 工期は天候にも左右されますが、無記入のまま契約し、「いつ始まるか終わるかわからない」 でトラブルになったケースもあります。 また、「開けたら腐っていた」 というケースもあります。 このような追加はある程度予測が可能です。 契約時に追加の可能性と概算の確認をしておきましょう。追加工事が発生した際は、金額の確認後に工事に着手して貰えば安心です。 まず不便さを強く感じるところに優先順位をつけ、優先順位の高い場所はこだわりを残しつつ、優先順位の低いものはコストを抑えていきましょう。 重要度の低い部屋にお金をつぎ込んでしまうより、あなたにとって大切な空間に重きを置いて進めるのがリフォームで失敗しないための秘訣です!

#